ほら、なんかこう…ブログみたいなやつ。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
kanon5-1.jpg

ちょwwサブタイトルのときに「BS-i」のマーク出すな!…それはさておき。
今回の祐一はギャグセンス冴えまくりww
そして、とうとう真琴の死亡フラグがぁ(゜д゜;)ー?!
kanon5-2.jpg

舞『私は魔物を討つものだから…』
遂に来ましたよ!このセリフ(´д`*)ハァハァ
ゆかりんボイス最高!!
kanon5-3.jpg

家に帰宅した祐一。
名雪にこんな学校だったら校長の机を盗ってきて校長ごっこができるぞ、と自慢w

『チミ、退学ね!』(ビシッ!)

kanon5-4.jpg

風呂に入ろうとすると、先に真琴が入浴中。
(゜д゜)ポカーンな真琴に関わらず、祐一は
『一緒に入るか?』などと言っていると…
真琴『いやあぁぁぁぁー!!』
招き猫やらトイレのスッポンやらいろいろ飛んできますww
kanon5-5.jpg

真琴は祐一が風呂から上がるまでバスタオル1枚で待っていたせいで、
くしゃみの連発。風邪をひいてしまったようです。
祐一『マコピー語か?』
kanon5-6.jpg

風邪をひいているにも関わらず、祐一に復讐しようとする真琴。
壁に貼り付いてる祐一ワロスww忍者かよw
祐一『はいっ!ご苦労様です!!』
そのまま祐一に抱きかかえられ、強制送還w
kanon5-7.jpg

翌朝。
なぜかうぐぅが一緒に朝食をとっていますw
それに気付き、祐一は遅れてツッコミ。
今回のうぐぅの出番はこれだけなのです…(-ω-;)
kanon5-8.jpg

佐祐里さんに誘われ、3人で昼食をとることになりますた。
祐一はこの人を喋らせたら勝った気がするぞ!と思い込み、
舞に食べたいものはないかと要求。
すると…
舞『たこさんウインナー…』

(*´д`*)ハァハァ

kanon5-9.jpg

昼食を食べ終えた祐一は早くもまた別の女のところへ。(ぇ

栞『私のことは栞でいいですよ』

祐一『俺のことも遠慮なくお兄ちゃんって呼んでいいぞ』

栞『うん、そうするね、お兄ちゃん』


(゜д゜;)!!

kanon5-10.jpg

学校帰りにおつかいに行く真琴を見て、エロ本を買ってくるように頼む祐一。
当然真琴はエロ本が何なのか知らず、祐一が真琴は大人なんだから買えるよな?
と巧みな技術で丸め込みましたww
kanon5-11.jpg

舞のことが気になり、再び夜の学校へ行く祐一。
おにぎりの皮をむいてっていう舞がかわええです(´д`*)ハァハァ

舞とそんなやり取りをしていると…

志村、後ろ!後ろ!

祐一の背後に得体の知れない物体が接近!
それに気付き、舞が剣でぐさり!
その正体は…

真琴『あうぅぅぅーーーーーー!!』

今回の『あうー』は長いなww
kanon5-12.jpg

帰り際、舞に『あの子に優しくしてあげて』と言われる祐一。
この流れだと、真琴ルートに突入?!
それと同時に死亡フラグが…((((;゚Д゚)))ガクガクブルブル

20061104201223.jpg

押さないと、『チミ、退学ね!』

ブログパーツ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://b21solnaeo.blog79.fc2.com/tb.php/31-c5e7eef7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
やっぱり京アニだけはガチ!!
2006/11/04(土) 20:31:04 | 電撃JAP
R.D SELECTION Vol.2 川澄舞 ノーマルカラー版名雪から借りたノートを学校に忘れた祐一は、夜の学校へ取りに行きます。そこで、剣を片手に廊下でたたずむ川澄舞と出会います。「何をしているのか?」と声をかけても無言のままの舞。と、その時!祐一の後ろで物音が聞こえ...
2006/11/08(水) 04:20:20 | ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
品質評価 47 / 萌え評価 41 / 燃え評価 0 / ギャグ評価 15 / シリアス評価 33 / お色気評価 70 / 総合評価 34レビュー数 112 件 名雪に借りたノートを学校に忘れた祐一は、ノートを取りに夜の学校へ向かう。教室から出て来ると、月明かりに照らされ廊下に剣を持ってたたずむ
2007/09/21(金) 19:46:26 | ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。